忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > マ行 > The Hours 2002

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Hours 2002

http://file.satyricon.ni-moe.com/hours1.jpg

スティーヴン・ダルドリー監督作品「めぐりあう時間たち」について

1923年、ロンドン郊外。
精神を病み療養中の女流作家ヴァージニア・ウルフは
夫・レナードの優しい愛を受けながら、
後に傑作とされる小説「ダロウェイ夫人」を書き始める。

1951年、ロサンゼルスでは妊婦のローラが夫の誕生日を祝うため、
息子・リチャードとともにケーキを焼く。

そして2001年、ニューヨークでは、
編集者のクラリッサがエイズに冒された詩人、
彼女の友人である作家・リチャードの賞受賞を祝い、
祝賀パーティを催そうとしていた。
3つの時代の、3人の女たちの、それぞれの1日が始まろうとしていた....

クラリッサに悲劇が訪れて、その悲しみが、
ヴァージニアに「ダロウェイ夫人」を執筆させて、
それによってヴァージニアは、
死んだような日々を送っていた愛読者のローラをコントロールし、
時を超えて、生き甲斐を見失ったクラリッサに
「いかに自分が人生を生き抜いてきたのか」を語りにわざわざ現れて癒し、
幸福へと向かわすことにより、
「ダロウェイ夫人」執筆にインスピレーションを与える。
そんな3人の繋がり。

http://file.satyricon.ni-moe.com/hours2.jpg

この「自立 = 幸福」と「依存 = 不幸」についての解釈が
とても私的には受け入れ固く、最後、
ヴァージニアは、夫の「依存」から逃れて
完全な「自立」をするべく自殺に幸福を見いだし、
ローラは夫に「依存」しきっていた自分に爆発、
夫と子供を捨てて「自立」、
そしてクラリッサは「依存」していた夫に自殺されて、
路頭に迷うも結果「自立」。
と、なにかと幸福感追求とはいえ、
自己肯定に固執し過ぎじゃないか?と思うのですが、
反面、女性の立場になったとして考えると、
凄い納得して感動する私も居たりして
割と男と女、人それぞれの幸福感って、
思ってた以上に振れ幅が違うものなんだなと
考えさせられるのでした。

PR

PAGE TOP