忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > Eternal Sunshine of the Spotless Mind 2004

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Eternal Sunshine of the Spotless Mind 2004

http://file.satyricon.ni-moe.com/eternal_sunshine1.jpg

ミシェル・ゴンドリー監督作品「エターナル・サンシャイン」について

平凡な男ジョエルは、思いつきで髪の毛の色を染めわけるというちょっと
エキセントリックな恋人・クレメンタインと喧嘩をしてしまう。
何とか仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に行くが、
彼女は彼を知らないかのように扱い、目の前でほかの男といちゃつく始末。
ジョエルはひどいショックを受ける。
彼はラクーナ社からの知らせにより、
彼女が記憶を消す手術を受けたことを知る。
苦しんだ末、ジョエルも彼女の記憶消去手術を受けることを決心する。
その過程の中で、ジョエルは彼女との好くも悪くもな思い出を彷徨い、
やがてどんどん暗闇が広がる無意識下の中、彼女の記憶とともに逃亡を図り、
自分にとってどんなにかけがいのない存在だったかを思い知らされ、
手術に抵抗し始める......


ある友人からこの映画の物語を理解するのはとても大変と聞いていたので、
気合いを入れて観ましたが、そんなことない、
とても単純、そして底深〜い内容でした。
とにかく、この二人の恋愛物語も含めて、他のエピソードもとても興味深く、
いくらある瞬間、都合良く消したい部分の記憶を消せたとした後の見返りが
こんなにも大きいダメージになるとは
思いもしなかったという結果に繋がることに
ちょっと考えさせられました。

http://file.satyricon.ni-moe.com/eternal_sunshine2.jpg

こんな難しい物語を面白く美しいものにみせてくれた
ミシェル・ゴンドリー監督。
これまでの彼が創ったPVの面白さには昔から嵌まってましたが、
それが全部に素晴らしいところが詰まっているという感じです。
特にジョエルの記憶内の表現がもうたまらないくらい極まってて、
思わずうっとり(不気味?)してしまいました。
あとジョエルに扮したジム・キャリーの抑えた演技と
クレメンタインに扮したケイト・ウィンスレットの解放しまくった演技が凄くて
魅入ってしまいました。
そして、ラクーナ社の受付嬢・メアリーに扮したキルスティン・ダンスト。
初めの彼女の可愛い印象から、最後のズドンと堕ちる切なさには、
参りました。
パソコン使って一晩で記憶を消去できてしまうという、
よく考えたら凄い怖い......
実に有り得ないはずの物語にいつの間にか感情移入している、
それだけ魅力の詰まった映画であるといえましょう。


PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP