忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > アン・リー

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Wedding Banquet 1993



アン・リー監督作品「ウェディング・バンケット」について

ウェイトンはニューヨークで不動産業を成功させ、
市民権も得ている台湾出身の青年。
彼は白人のボーイフレンド・サイモンと同棲していた。
息子の結婚を望む両親は催促を繰り返すも、
ゲイであることなど言えるはずがない。

一方、ウェイトンの友人で芸術家のウェイウェイは、お金がなく、
アメリカ滞在のためのビザの期限も切れようとしていた。
しかし、父の健康が思わしくないことを知った彼は、
ウェイトンとウェイウェイは偽装結婚することで、両親を安心させ、
彼女はグリーンカード(永久居住権)を得るという
一石二鳥なことを思いつく。

さっそくウェイトンは両親に結婚することを報告すると、
息子の晴れ姿を見るために、わざわざ台湾からやって来てしまった。
サイモンをルームメイトだと言って紹介するウェイトン。
そこで、
結婚式は役所で書類を提出する程度で済ませるつもりの2人だったが、
その様子を見守っていた両親は、あまりにしょぼい式だけにしょんぼり。
その後に行った中華料理店でお食事の際、
我慢の限界に達した母親は泣きながら、
お願いだから台湾式の賑やかな結婚式をするようにと迫るのだった。
するとこの店のオーナーが現れ、
過去にウェイトン父親にお世話になったという彼のはからいで、
台湾の伝統に則った盛大な結婚披露宴が行われることに。
新郎・ウェイトンと新婦・ウェイウェイは、
サイモンを気にしつつも、翻弄され、
雰囲気のノリに飲み込まれた勢いで「初夜」のベッドで、
はからずも2人は関係を結んでしまう。

それから両親はしばらく居残りたいということで、
それでなくてもなのに、拍車がかかって3人の間は最悪状態になり、
両親がわからない英語で大げんかな毎日。
程なくしてウェイウェイは妊娠し、
サイモンは我慢の限界に達し家を出ることに。



そんな中、父親が倒れて入院した。
ウェイトンはついに母親に真相を告げると、
父親には言っては絶対ダメよと口止めする。
一方、リハビリに付き添っていたサイモンに父親は、
息子が同性愛者だということを知っていたと言い、
このことは話さぬよう口止めする。
ウェイウェイは状況が状況なだけに中絶を考えいたものの、
生まれてくる子供のためにも新しい関係を築いていく決心をし、
ウェイトンとサイモンはそれを受け入れ、
みんなで一緒に暮らす方向へ。



両親が台湾に帰る日がやってきた。
5人はお互いに語れぬ秘密を持ちながら、
空港の廊下で別れを告げたのだった。


ゲイとして生きていくって本当に面倒事が多くて、
基本的には世間には秘密にしておけば、割とすんなりなんでしょうけど、
たくさんの人を巻き込む様な出来事が起こってしまうと、
一気に崩れてしまって、
もう何が何だかわからないって感じになるのが凄くわかります。
特に伝統あるしきたりを重視する民族は、
自分は良くてもそれでは済まされないところがあるから、
もし自分がウェイトンの立場だったらと思うと、卒倒しそうです。
でも彼の父親はその点を理解してくれている様は観ていてとても救われます。
(母親は微妙でしたけど)
取りあえず、
アメリカに住む3人が和解してうまくやっていく未来がみえて安心です。



それにしても、台湾式の結婚式って賑やかで派手なんですね。
日本も割とそんな感じがしますけど、
こちらは特に伝統に乗っ取ったイベントが多くて、
最後の新郎・新婦が初夜のベットで全裸になるまで見守るなんて、絶対無理!
結婚するからには、それだけ精神力をつけろ! ってことなんでしょうか。


PR

Brokeback Mountain 2005

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain2.jpg

アン・リー監督作品の「ブロークバック・マウンテン」について

1963年夏、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン山中での
羊の放牧の季節労働者として、
牧場手伝いのイニスとロデオ乗りのジャックが雇われた。
2人は過酷な労働の中友情を深めていったが、ある夜、
ジャックがイニスに誘いをかけ一線を越えてしまう。
契約の終了後、2人ははっきりと再会の約束をしないまま別れ、
その年の秋にイニスは婚約者のアルマと結婚し、
やがて彼は娘の父親になる。

一方、ジャックは再会を期待して翌年も
ブロークバック・マウンテンでの仕事を求めるが、
仕事を断られた上、イニスが来ていないことを知る。
失意のジャックはテキサスに流れ着き、
そこでロデオ・クイーンのラリーンと結婚。
彼女の父親の会社で働くようになった。

4年後、ジャックがイニスの元を訪ね、2人は再会するが、
アパートの影で情熱的なキスを交わす様子をアルマに目撃されていた。
イニスはアルマに気づかれたことを知らずに釣りと偽ってジャックと出かけ、
数日間をかつてのように2人きりで過ごす。
そこでジャックはイニスに、小さな牧場を持って
一緒に暮らさないかと持ちかける。
しかし、イニスは、彼が少年時代に目撃した同性愛者の虐殺の様子を語り、
拒絶する。
また、彼には自分の家族を捨てるつもりはなかった。

それから彼らは年に数度、人里はなれた山中で逢瀬を楽しむようになった。
ジャックは順調に家庭で地位を築いていったが、
イニスは溝が深まっていた妻に離婚され惨めな生活を送っていた。
ある時ジャックが養育費の支払いのために忙しく
なかなか会えないイニスを非難し、
2人の間で口論が起きる。
イニスはジャックとの関係が人生を狂わせたと言って苦悩を明かす。
ジャックはイニスを抱きしめようとする。
2人はしばし掴み合うが、
最後にはしっかりと抱きしめあった。

ある日、イニスがジャックに出した葉書が
「死亡」のスタンプを押されて返送されてくる。
イニスはラリーンに電話をかけ、ジャックが事故で死んだことを知るが、
ラリーンから聞かされた痛ましい死の様子に思わず、
彼が虐殺される様子を想像する。
そして、ジャックが遺灰をブロークバック・マウンテンに撒かれることを
望んでいたと知り、彼の両親に会いに行く。
そこでイニスは、かつてブロークバック・マウンテンでなくしたと思っていた
彼のシャツを見つける。
イニスのシャツはジャックのシャツに包みこまれるように掛けられ、
ジャックのシャツにも昔ブロークバック・マウンテンでの
喧嘩でついたと思われる血の染みがあった。
イニスは2着のシャツを手に取って残り香を嗅ぎ静かに泣いた。

トレーラーハウスで一人暮らすイニスのもとに19歳になった
娘・アルマ・ジュニアが結婚の報告に訪れた。
イニスは恋人と愛し合っているという娘を祝福し、
彼女の結婚式に行くことを約束する。
一人になったイニスは、クローゼットに飾っている
ブロークバック・マウンテンの絵葉書と
彼の家から持ち帰った思い出のシャツを見つめ、
永遠の愛を誓う。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain3.jpg

時代背景さながらにして、ゲイの男をなぶり殺した父に見せられたある記憶、
男はこう、あるべきでなくてはいけないという暗黙の了解、宗教の規律など。
そんな諸々な障害なんか吹き飛ばして、正直に生きようとしたいけど、
結局、怖くてできないからごまかすことを選んで、
より最悪な結果になってしまった物語。

はじめ観て、途中でもう耐えられなくなり、
しばらくしてから再び観た映画です。
似たことが身近で起こっただけに、思い出してしまって悲しいというか、
もう感情が....とか、そういう問題に収まれないくらい辛い辛いのですが、
最近、冷静に観ることができ、改めて、嗚呼、
ヤバくていい映画だなと思ったのでした。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain1.jpg

忘れられないイニースの台詞
「どんどんひどくなって行く。
お前のことを忘れられたらどんなにいいか。
会えないことがもう耐えられなくなってきているんだ。」
....なんだかんだ、それでもこの時代と比べたら、
とても広がったと思います。



PAGE TOP