忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > アン・リー > Brokeback Mountain 2005

Brokeback Mountain 2005

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain2.jpg

アン・リー監督作品の「ブロークバック・マウンテン」について

1963年夏、ワイオミング州ブロークバック・マウンテン山中での
羊の放牧の季節労働者として、
牧場手伝いのイニスとロデオ乗りのジャックが雇われた。
2人は過酷な労働の中友情を深めていったが、ある夜、
ジャックがイニスに誘いをかけ一線を越えてしまう。
契約の終了後、2人ははっきりと再会の約束をしないまま別れ、
その年の秋にイニスは婚約者のアルマと結婚し、
やがて彼は娘の父親になる。

一方、ジャックは再会を期待して翌年も
ブロークバック・マウンテンでの仕事を求めるが、
仕事を断られた上、イニスが来ていないことを知る。
失意のジャックはテキサスに流れ着き、
そこでロデオ・クイーンのラリーンと結婚。
彼女の父親の会社で働くようになった。

4年後、ジャックがイニスの元を訪ね、2人は再会するが、
アパートの影で情熱的なキスを交わす様子をアルマに目撃されていた。
イニスはアルマに気づかれたことを知らずに釣りと偽ってジャックと出かけ、
数日間をかつてのように2人きりで過ごす。
そこでジャックはイニスに、小さな牧場を持って
一緒に暮らさないかと持ちかける。
しかし、イニスは、彼が少年時代に目撃した同性愛者の虐殺の様子を語り、
拒絶する。
また、彼には自分の家族を捨てるつもりはなかった。

それから彼らは年に数度、人里はなれた山中で逢瀬を楽しむようになった。
ジャックは順調に家庭で地位を築いていったが、
イニスは溝が深まっていた妻に離婚され惨めな生活を送っていた。
ある時ジャックが養育費の支払いのために忙しく
なかなか会えないイニスを非難し、
2人の間で口論が起きる。
イニスはジャックとの関係が人生を狂わせたと言って苦悩を明かす。
ジャックはイニスを抱きしめようとする。
2人はしばし掴み合うが、
最後にはしっかりと抱きしめあった。

ある日、イニスがジャックに出した葉書が
「死亡」のスタンプを押されて返送されてくる。
イニスはラリーンに電話をかけ、ジャックが事故で死んだことを知るが、
ラリーンから聞かされた痛ましい死の様子に思わず、
彼が虐殺される様子を想像する。
そして、ジャックが遺灰をブロークバック・マウンテンに撒かれることを
望んでいたと知り、彼の両親に会いに行く。
そこでイニスは、かつてブロークバック・マウンテンでなくしたと思っていた
彼のシャツを見つける。
イニスのシャツはジャックのシャツに包みこまれるように掛けられ、
ジャックのシャツにも昔ブロークバック・マウンテンでの
喧嘩でついたと思われる血の染みがあった。
イニスは2着のシャツを手に取って残り香を嗅ぎ静かに泣いた。

トレーラーハウスで一人暮らすイニスのもとに19歳になった
娘・アルマ・ジュニアが結婚の報告に訪れた。
イニスは恋人と愛し合っているという娘を祝福し、
彼女の結婚式に行くことを約束する。
一人になったイニスは、クローゼットに飾っている
ブロークバック・マウンテンの絵葉書と
彼の家から持ち帰った思い出のシャツを見つめ、
永遠の愛を誓う。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain3.jpg

時代背景さながらにして、ゲイの男をなぶり殺した父に見せられたある記憶、
男はこう、あるべきでなくてはいけないという暗黙の了解、宗教の規律など。
そんな諸々な障害なんか吹き飛ばして、正直に生きようとしたいけど、
結局、怖くてできないからごまかすことを選んで、
より最悪な結果になってしまった物語。

はじめ観て、途中でもう耐えられなくなり、
しばらくしてから再び観た映画です。
似たことが身近で起こっただけに、思い出してしまって悲しいというか、
もう感情が....とか、そういう問題に収まれないくらい辛い辛いのですが、
最近、冷静に観ることができ、改めて、嗚呼、
ヤバくていい映画だなと思ったのでした。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Blokeback-Mountain1.jpg

忘れられないイニースの台詞
「どんどんひどくなって行く。
お前のことを忘れられたらどんなにいいか。
会えないことがもう耐えられなくなってきているんだ。」
....なんだかんだ、それでもこの時代と比べたら、
とても広がったと思います。



PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP