忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > グレッグ・アラキ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Three Bewildered People in the Night 1987

http://file.satyricon.ni-moe.com/Three-Bewildered-People1.jpg

グレッグ・アラキ監督作品「途方に暮れる三人の夜」について

ロスアンジェルスにて夜。
ビデオ・アーティストのアリーシャと
彼女の少し年下の恋人・クレイグ、そして2人の親友で、
ゲイのアーティスト・デイヴィッドの3人は孤独感と精神的な葛藤を抱え、
互いに愛情を求めながら、混乱し、傷つけ合ってしまう。
3人は饒舌に自分の心情を告白するも、
その言葉はまるで自分自身に向かって語られ続ける様に、
行き場を見失ってしまうのだった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Three-Bewildered-People2.jpghttp://file.satyricon.ni-moe.com/Three-Bewildered-People3.jpghttp://file.satyricon.ni-moe.com/Three-Bewildered-People4.jpg

90年代始めの頃の20代は "ジェネレーションX" の子供たちの世代と言われて、
徹底的な個人主義と内向性を特徴としており、
政治や社会に対して冷めている傾向が強いとのことですが、
確かに私もそんな感じだった様な気がします。
ある意味、恵まれ過ぎて我が侭になってしまった故の
副作用みたいなものだと思うんですけど、
何をやっても理想からかけ離れていてて楽しくないし、
若いうちから恋人を作ってはSEXするも、
心が伴っていないものだから、今イチうまくいかない。
友だちと親密な話をして関係を深めても、孤独感が何故か付いて廻る、
そんな世代。
結局、ただ格好つけているだけで、単に不器用なだけなんですよね。
この物語の彼らもそんな人たちで不器用故の衝動にまかせた行動によって、
動揺し、葛藤しまくって、より傷ついていく、そんな繰り返し。
そんな模様をザラ付いた粒子の荒いモノクロ画面の
ドキュメンタルな雰囲気で淡々と追っています。

散々3人の関係がギクシャクして最後、
「まぁ、いっか」みたいな吹っ切れが、
悶々とした彼らの心情を表した夜が明けて、
朝になりましたっていう感じがして、
大人のレベルが向上して良かったね〜と
とても微笑ましくてスッキリします。

とにかく、私もあの頃はこんな感じだったな〜と
とても懐かしめる好きな映画です。

PR

The Living End 1992

http://file.satyricon.ni-moe.com/Living-End1.jpg

グレッグ・アラキ監督作品「リビング・エンド」について

荒涼としたロサンゼルスの郊外。
ルークは壁に “FUCK THE WORLD" とスプレーで殴り書きした。

ジョンは車を運転しながら、
HIVポジティブだと診断された時のことを思い出していた。
絶望に襲われ、女友達・デイジーに相談をするが、
不安を拭い切ることはできない。

ルークは街をさまよい歩き、
レズビアン・カップルの車をヒッチハイクした。
実は彼女たちは男だけを狙う連続殺人鬼。
幸運にもルークは2人から逃げることに成功、
そこでピストルを手に入れ、再び夜の街をさまよい歩いた。
しばらくするとバイセクシャルの男と知り合った。
その男の家でSEXした後、
男はルークの目の前で帰宅した男の妻に射殺された。
殺人現場から逃げ出したルークは、
ゲイを嫌う一団に取り囲まれてしまい、
ピストルで彼らを撃つことに。

真夜中、眠れないジョンがドライブしていると、
突如ルークが飛び出してきた。
成り行きでルークを自宅に連れて帰ったジョン。
その野性的な魅力に惹かれ、彼もジョンを誘惑。
ジョンは自分が "HIVポジティブ" だと告げるも、
「なんてことはないさ」と2人はSEXをする。

その後日、ルークの直情的で
反社会的な行動についていけないジョンは、
結局、彼を追い出してしまった。
ところがジョンはルークの魅力が忘れられない。
ジョンの様子を見て心配するデイジー。

ある日、ルークがジョンの元へ突然戻ってくる。
「警察を殺したかもしれない。
サンフランシスコの友だちのところまで連れて行ってくれ」
ジョンは車にルークを乗せ、サンフランシスコに向かったが、
あてにしていた友達は、いともたやすく2人を追い出した。
途方に暮れた2人は、
サンフランシスコのモーテルで激しく愛し合うのを封切りに
自由で絶望的な逃避行が始まった、いや、
もう始まっていた。
現実と彼らの接点はもはやデイジーへの電話だけ。
ルークは「俺たちは他の奴らとは違うんだ。急いで生きるしかない」
とつぶやく。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Living-End2.jpg

最後はジョン以上に絶望を感じていたルーク。
「一緒に死んでくれ」とジョンにピストルを向けるも、激しく抵抗される。
ジョンのジーンズをひん剥き、自分もパンツを下ろして無理矢理押し入れ、
ピストルを自分の口にくわえ込むルーク。
そんな横暴の極みな彼に「さあ、引き金をひいて死んでみろ」叫ぶジョン。
....結局弾くことが出来ずに途方に暮れるルーク。
ジョンは優しく彼を抱き寄せる。


死に場所を探す旅の過程で生への渇望を見出してしまった。
独りだったら死ねたかもしれない。
でも2人になったから死ねなくなった、ただそれだけ。
それだけのことがいかに大切なものであったか、
それに気づけて良かったねと言いたいです。
とにかく、心配をかけまくったデイジーに2人で謝ってほしい。
それから警察へ。


PAGE TOP