忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ハ行 > Vanilla Sky 2001

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vanilla Sky 2001



キャメロン・クロウ監督作品「バニラ・スカイ」について

ハンサムな独身貴族として人生を謳歌していたデヴィッド。
一度会った女には二度と会わないというポリシーの彼が、
あるパーティーで会ったソフィアという女性に一目ぼれする。
デヴィッドにとってただの遊びだと割り切ってつきあっていたジュリーが
やたら接近してくるので疎ましく感じてくる。
ストーカー女呼ばわりしているとデヴィッドの親友・ブライアンから聞いた
ジュリー酷く傷つき、暴走の果てにデヴィッドを乗せた車ごと
立体交差の橋を突き破り、心中を図る。
なんとか助かったデヴィッドだが、腕と顔はズタズタに。
女性たちから賞賛のまなざしを浴びたかつての顔はもうなく、
代わりにあるのは人目を引く好奇のまなざしを集める崩れた醜い顔。
彼はたちまち自信をなくし、自分の殻に引きこもってしまいます。
外見に対する周囲の目を気にするあまり、
偏屈になっていくデヴィッドはガードを固め、
自分の外見のために自ら心を閉ざしていきました。
そんな自暴自棄の生活を送る彼から次第に周囲の人々が離れていきます。
そしてソフィアにも。
しかしある夜、酔いつぶれて目が覚めてみると自分の顔は手術で治り、
ソフィアとの仲も元通りになっていた。
彼の生活は元通りになるかに思われたが、悪夢を見るようになり、
夢と現実の区別がつかなくなってゆく....

心中の事故後、その当時できる限りの整形手術を受けまくるのですが、
その手術にも限度があり、
ついに彼はかつての顔を取り戻せないことを知ります。
そこで、彼は顔の整形手術ができるようになる未来まで
自分を低温保存する契約を素敵な夢を見させるオプション付きで
LE社という不思議な会社と結びました。
でもその前にもう一度ソフィアに逢っておきたい。
デートに誘うと、デヴィッドの醜い姿にも動じず、
真摯な感じで承諾してくれました。
落合場所のクラブに行くとブライアンも何故かいるではありませんか。
ソフィアとしてはほとんど会ったことのないデヴィッドの誘いだったから、
3人の共通の友人で親友であるブライアンを連れて来ただけのこと。
かつてのデヴィッドなら一度で女性を虜にできたのでしょうが、
今の彼は違います。
つまらなそうに酒を飲み、
ダンスフロアで踊るソフィアを眩しそうに眺めるデヴィッド。
ソフィアの態度を曲解してしまったデヴィッドは
ブライアンに辛くあたりました。
ソフィアとブライアンの仲が深まっているのを感じたデヴィッドは
激しい嫉妬を感じました。
そんな状態で自殺を図り、
この後、LE社に低温保存され、夢に落ちていくのです。
バッドトリップするはずです。



悪夢の中で理想の父親像を体現した精神科医と過去の記憶を語り合うことで、
これまでの女性との付き合いを遊びでしか捉えられない自己中心的な
どうしようもないダメ男であった自分自身の全てを知り
何かを悟ったデヴィッド。
忘れていたLE社との契約も思い出し、
その会社に辿り着いて夢の案内人に会います。
そこで現実ではもう150年も眠っており、
顔は最新技術で持って元に戻っているということ、
そしてデヴィッド自身の資産が底をついて起きる時間であることを知らされます。
このまま、150年後の世界で目を覚まして人生を取り戻せれるのか、
目を覚ました先が自分のベッドの上で、
LE社も低温保存も実は全部夢落ち、
デヴィッドのいるのは現在の世界のままで、
顔も傷ついたままかもしれません。
とにかく夢から醒める決心をしたデヴィッドは新たな現実の未来のため、
ビルの頂上から飛び降ります。



それにしてもデヴィッドは酷い男です。
ジュリーが起こした心中事故はもちろん、
彼女に大きな責任があります。
しかし、事故前のデヴィッドは
ジュリーをまったく思いやる気持ちがありませんでした。
彼を愛していたジュリーを遊びだと割り切ってつきあっていたために、
察したジュリーは酷く傷つきました。
結局ディヴィッドにとってのジュリーは、
父から継いだ会社の社長の地位、金、たぐいまれな容姿、と、
何でも持っていた完璧な自分のステイタスを支える美人の性処理女、
つまり「物」に過ぎなかったのです。
そんな心ない自己中心的な振舞いがジュリーの暴走に繋がっての事故は
正に自業自得でしょう。
なのに、夢のなかに出てくるジュリーは
完全にデヴィッドの幸せを脅かす悪魔のような存在。
ジュリーの像は自分の顔が堕ちていく
トラウマ的な存在に映っているように見えます。
彼にとって、ジュリーは罪悪感の対象ではさらさらなく、
完全な恐怖の存在になってしまっています。
夢から覚める時に人の痛みを感じない一方通行の恋愛しかしてこなかった彼は、
ソフィアの記憶を通じてほろ苦さをもった
「真実の愛」を悟って成長した感じでしたが、
この一番向き合わなくてはいけない彼女とは受容もせずに
結局逃げ切ってしまったので、
目覚めてもその辺は価値観の変わらないダメ男のままのような気がします。
出来ればジュリーを受け入れて和解してほしかったな。

http://file.satyricon.ni-moe.com/vanilla_sky1.jpg

ハンサムで自己中なダメ男の演技がとっても良かったトム・クルーズ。
理想の女性像であるソフィアに扮したペネロペ・クルスがとても可愛いです。
LE社の社員たちがティルダ・スウィントンをはじめとして、
凄い不思議な雰囲気を漂わしていて、
全体的にそれぞれのキャストがとても嵌まっていて
人選が素晴らしいなと思いました。
特にジュリーに扮したキャメロン・ディアスの怖い感じがもう、
素敵過ぎます!
とても難解気味な映画ですけど、私はとても好きです。

PR

PAGE TOP