忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ペドロ・アルモドバル > ATAME! 1990

ATAME! 1990

http://file.satyricon.ni-moe.com/atame1.jpg

ペドロ・アルモドバル監督作品の「アタメ 〜私を縛って」について

様々なタブーに触れる題材をエキセントリックかつ色彩豊かな手法で映像化し、
世界的な映画作家になったスペインの鬼才、ペドロ・アルモドバルが描く
エロティックでエネルギッシュな「純愛映画」。

精神病院を出たばかりの23歳の絶倫青年・リッキー。
これからは普通人として生きていこうと結婚を決意する。
そこで彼が目をつけたのは、かつて病院を脱走した時、
一夜を共にしたことのある元娼婦のポルノ女優・マリーナだった。
しかし、その求愛は彼女に何の断わりもない一方的なもので、
勝手に仕事場やアパートに乗り込んできたリッキーにマリーナは怒るが、
(ストーカーされたんだもの、当たり前の反応ですよね)
たちまちベッドに縛りつけられてしまう。
(プロの緊縛師が怒りそうな縛り方)
最初は単なる被害者だったマリーナだが、
外出する時には相変わらず彼女を縛るものの、
それ以外は意外と優しく、性的関係も強要しないリッキーに
しだいに奇妙な愛情を覚え、
そして彼が彼女のためにドラッグの売人と戦って傷ついて帰ってきた時、
(ドラッグの売人としては彼にドラッグを強奪されたので、その仕返し)
ついに彼の前に身を投げ出し、その愛を受け入れる決意をする。

こうして2人の間に至福の時間が訪れるが、それも束の間、
行方不明になったマリーナを探しに来た姉が彼女を連れ出してしまう。
マリーナを失なって生まれ故郷の村へ戻り、茫然と佇むリッキー。
しかしそこへ自らの愛を告げたマリーナが姉と共に家族として迎えに来る。
3人を乗せた車は一路マドリッドでの新生活へと向かうのだった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/atame2.jpg

こういった性的な監禁事件がある現状、
ちょっと求愛の仕方には納得がいかないけど、
リッキー扮するアントニオ・バンデラスがすごく可愛いし、
なんせ床上手な上に絶倫だし、
私が彼女だったら、同じく、まぁいいかって感じになりそう。
ただ、「ストックホルム症候群」って言えばその通りなのかもしれないけど、
それだけでは片付けられない特殊な愛の形なのかもしれませんね。

あとマリーナの初主演となったB級ホラー映画の悪役が
やたらマッチョな肉体をさらけ出したり、
その映画でのクライマックスでマリーナがバルコニーから雨風晒しながら
ブランブランと宙吊りになる姿とか、
内容の割に全く緊張感がなく、逆に笑えるからか、
この衝撃を超えたハッピーなエンディングに繋がるのに無理はないかな〜
あくまで私個人としてはですが。


PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP