忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ペドロ・アルモドバル > ¿Qué He Hecho YO Para Merecer Esto!! 1984

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

¿Qué He Hecho YO Para Merecer Esto!! 1984

http://file.satyricon.ni-moe.com/Que1.jpg

ペドロ・アルモドバル監督作品
「グロリアの憂鬱 〜セックスとドラッグと殺人」

マドリードの巨大な団地に住む平凡な主婦・グロリア。
タクシー運転手をしている夫・アントニオと手のかかる2人の息子、
そして義母と暮らしている彼女は、
剣道道場にて掃除婦の仕事ををしながら、家計を支えている。
しかし、生活は苦しくなるばかりで、
次男の歯の矯正のためのお金もない。
夫は彼女の奮闘に理解を示さず暴君の様に振る舞っている毎日。
何の楽しみも無い鬱屈した日常に飽き飽きしていた彼女は、

ある日、仕事先で名も知らぬ男と情事にいたる。
しかし、不倫関係を続ける勇気もなく、
結局は家事に追われるいつもの日常に戻っていくのだった。

一方、アントニオはたまたま客として乗せた老作家から
”ある仕事” の誘いを受ける。
貧しい暮らしから抜け出せる一攫千金のチャンスだったが、
仕事の内容が余りにも胡散臭いもので二の足を踏む。
そんなある日、
ひょんなことからグロリアはこの老作家の家で掃除婦の仕事をすることに。
それからいくつかの展開があるものの、
結局、グロリアは変わらずにそこに居るだけ。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Que2.jpg

この物語はグロリアを中心に淡々とした日常風景の様に進んでいくのだけど、
その進み方が、この監督ならではの面白い視点でもって、
微妙に観る側の現実感覚とズレて不思議な感じに陥って、
気付くととんでもないことに。

冒頭の剣道道場のシャワー室での情事の場面から、早々とズレていって、
長男は中学生なのにドラックを売っては、お金を貯めているし、
ゲイであるショタコンにはたまらない感じの可愛い次男は
歯の矯正に出かけた歯科医にて、
あまりの貧乏故にグロリアによって、
ロリコン・ゲイの歯科医の養子にされてしまう。
隣に住むクリスタルはグロリアの唯一の親友でしたが、
娼婦で日々男の客との相手で忙しく相手にならない。
階上の主婦の友人は話すと自分のことばかりで、
こちらも話にならないばかりか、
超能力者である娘を虐待しているといった具合。
結局、精神安定剤とはいえ、ドラッグ中毒に。

そして事件が起こります。

普通の様で普通ではない状況に身を置いて共に流れる登場人物の中で、
必死に自分自身を保とうとするグロリアなのですが、
保とうとして、様々に努力したり、
様々に現実に働きかけたりもするのだけど、
そうすることで余計に現実からズレていってしまって、
時には戸惑い、時には開き直りつつ、
それに耐えてしまうものだから、最後はドカーン! ということで、
誰しもこの状況じゃあ、そうなるなー。彼女は本当に良くやってるよって
感じると同時に、
振り返ってみると、現実である日常においての私も
こんな風になっているところがあるよなーと思えることが
甦ってきたりするのですが、
だからといってどうしようもないことなんですけど、
現実に生きていくってこういうことなんでしょうね。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Que4.jpg

グロリアは夫を撲殺するも、なんだかんだで罪を免れた後、
長男と義母は、この団地から脱出するように田舎に向かうのですが、
グロリアは歯科医の元から母親のために戻った次男と共に、
この団地で暮らし続けていくで幕が閉じる最後の場面。
この家族が分裂する終わり方や、
結局、グロリアは団地に残るということに
何か意味がありそうに感じてしまうのですけど、
たぶん、ないのでしょうね。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Que3.jpg

それにしてもグロリアに扮した
カルメン・マウラという女優の存在はいつも大きく感じます。
大したことでないことを大それたことの様に感じで、見入ってしまう。
女の性というものを体現する様な演技がもう素晴らしいのなんの!
私が凄い好きな女優の1人です。


PR

PAGE TOP