忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > The Last Airbender 2010

The Last Airbender 2010

http://file.satyricon.ni-moe.com/Last-Airbender1.jpg

M・ナイト・シャマラン監督作品「エアベンダー」について

この物語は気・水・土・火の4つの王国により均衡を保っていた世界が舞台。
それぞれの王国には気・水・土・火のエレメントを操ることができる
“ベンダー” と呼ばれる者たちがいた。
中でも、4つのエレメント全てを操り、
世界に調和をもたらすことのできるベンダーは、
“アバター”と呼ばれて崇められていた。
アバターは 4つの王国から順番に誕生することになっており、
さらに、アバターになるためには多くの犠牲を払わなければならなかった。

ある日、アバターになるための修行を重ねていた12歳の坊主頭少年・アンは、
「自分が犠牲になって世界を守るなんて、そんなのヤダ〜」と、
この宿命の重さから途中で逃げ出し、氷の中に閉じ込もってしまう。
その頃、火の王国が反乱を起こし、世界の秩序は崩壊。
長い愚かな戦乱の時代に突入することに。
アバターが誕生する予定になっていた気の王国は、
火の王国の攻撃によって全滅。

そして100年後。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Last-Airbender2.jpg

眠りから目覚めたアンは、
南の水の王国のベンダーである少女・カタラと兄のサカに出会い、
一緒に世界に調和をもたらす宿命の旅に出ることになる。
アンは修行の途中で逃げ出してしまったため、気のエレメントしか操れない。
そこで最果ての北にある水の王国に住む水のマスターベンダーである
王女に会いに行く。

その旅の途中、火の王国の侵略を受け、
殆どが植民地となっていた土の王国では、
土のエレメントを操るベンダーたちが囚われの身となっていた。
この地に辿り着いたアンの一行も一度は囚われたものの、窮地を脱し、
囚われて希望をなくした土のベンダーたちに
“自分たちの力を信じて、共に立ち上がり戦おう” と訴え、
見事、火の王国から解放する。
とはいえ、氷山の一角ではあるが。

一方、世界征服を企む火の王国の悪王・オザイは、
心優しい故に煙たく感じていた息子・ズーコ王子に、
アバターを捕らえてくるまで戻らぬようにと、追放する。
そしてそんな王に服従する野心剥き出しの司令官・ジャオに
北の水の国を殲滅する命令を下す。

北の水の王国に到着して水の技の修行に励むアンとカタラ。
アンが水のエレメントを上手く操れる様になった頃、
ジャオ率いる大軍団が突如押し寄せ、激しい攻防が繰り広げられ、
戦場と化す王国都市。
ベンダーを捕まえることしか頭にないズーコは逸早く忍び込み、アンを捕獲。
そしてジャオは水の王国の地下に住まう、世界の調和の象徴される
"聖なる海と月の精霊” を殺してしまってさあ大変。
水の王女・ユエが犠牲となり、精霊は甦り、世界の調和は保たれたものの、
彼女は死んでしまう。

ズーコに囚われたアンはカタラによって逃れたものの、
アバターの神髄である、
感情的にならずに全てと調和するという教えがなかなか身に入らない。
しかし滅びてしまった気の王国の人々や自分を信じてくれる仲間の想いを胸に、
自らの過酷な運命を克服するべく、最後、立ち向かうことに。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Last-Airbender3.jpg

坊主頭に矢印模様が素敵なアバター少年・アン、
ドジっ子から著しく成長する水のベンダー少女・カタラ、
そのイケメン格闘兄・サカ、
同じくイケメンで苦悩しまくりの火のベンダー王子・ズーコ、
そしてズーコを見守る火の国王の兄・アイロなど、
魅力的な登場人物が多いこの物語ですが、
世界的な映画批評はあまり良くないみたいですけど、
私はとてもお気に入りです。

なんたって、水とか火とか風とかが
太極拳の様な動きと共に超能力で飛びまくりの華麗さが、
格好好過ぎだからっ!!(中二病気味な私なので、ことさら)
確かに物語のテンポがあまりに早過ぎて
さほどの難なくクリアしている連続ばかりのせいか、
感情移入しにくい感があったりしますが、
私に言わせればそれが何?って感じです。

全三部作ということで、次はたぶん土のエレメントを習得する話でしょうか。
はやく続編が公開されてほしいです。


PR

PAGE TOP