忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ハ行 > Punisher: War Zone 2008

Punisher: War Zone 2008

http://file.satyricon.ni-moe.com/punisher_war_zone1.jpg

レクシー・アレクサンダー監督作品
「パニッシャー:ウォー・ゾーン」について

パニッシャーはこうでなきゃ!!
冒頭のマフィアの皆殺しに始まり、
後半には、この映画のラスボス “ジグソウ” が潜むアジトをパニッシャーが急襲。
「これでもか!」と連発される銃撃の嵐。
頭部が撃ち抜かれて破裂の連続と、お子様には絶対みせてはいけない
血肉まみれのゾンビ映画並みなスプラッター演出。
不謹慎極まりないのは存じているのですが、もう気分爽快。
これぞ、死刑執行人の仕事の在り方といえよう。

しかしこのパニッシャー、なんだか彼の存在や言動が、どうも「9.11事件」後、
現在、テロに対してのアメリカの精神状態を代弁しているように感じる。
冒頭のマフィアの皆殺しの際、知らなかったとはいえ、
FBIのおとり捜査官を誤射してしまったことに対して、
パニッシャーの憔悴する姿が、
アメリカの軍隊そのものを表しているかのようにみえるし、
最後にその捜査官の奥さんがパニッシャーに
「あなたのやったことは正義よ」と告げる言葉は、現実のアメリカの人々が、
何より正当性を願っている言葉のような気がして、なんだかなんだか
自虐的批判要素も見て取れる、
そんな政治映画的な雰囲気が下地にされているような。
思わず私も「正義」と言いたいところだけど、
やってることを冷静に考えると、やっぱり無理があるにじゃないかなと
賛同しかねますが、パニッシャーに関しては大いに結構、
彼は正義のヒーローです、はい。

http://file.satyricon.ni-moe.com/punisher_war_zone2.jpg

それにしても、パニッシャー扮するレイ・スティーヴンソン(左)がもう、
私の中では彼以外考えられないくらい、この役に嵌まりまくってて、
前回のパニッシャー役だったトーマス・ジェーンも格好好かったですが、
セクシーさのレベルの桁が違う、もう、なんといえば良いのやら、
....言葉にできません。
早く彼の次回作が観たい、ただそれだけです。
ちなみに上の素敵な男2人にはさまれている女性はこの映画の監督。
こんな可愛らしい人がこんな映画をっ!! って感じですが、
元空手世界チャンピオンの格闘家でもあるプロフィールで納得しました。
彼女の次回作も観たい、できればこのパニッシャーの続編を望みます。
ちなみのちなみに右の彼はパニッシャーのスタントマンです。

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP