忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ハ行 > Bent 1997

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bent 1997

http://file.satyricon.ni-moe.com/Bent1.jpg

ショーン・マサイアス監督作品「ベント 〜墜ちた饗宴」について

ナチス時代のベルリン。
自堕落で勝手気ままなゲイライフを送っていたマックス。
ある金髪の美青年将校と出会い、甘い一晩を過ごすが、
彼はヒットラーによって粛清されたレーム一派(同性愛者)の関係者で、
翌朝、ゲシュタポによって粛清される。
マックスと恋人のルディは命からがら逃げ出すが、
世の中は同性愛迫害の波が押し寄せており、
逃亡生活を続けていたものの、結局捕らえられてしまう。
収容所への移動中にルディは殺される。
そこで出会ったホルストに「とにかく生き延びろ」と諭されるマックス。
ゲシュタポとの取引にも応じ、
「同性愛者でなければ女とできるだろう」と
少女の遺体と関係を持つことにより、
最下層の同性愛者(三角のピンク印)ではなく、
ユダヤ人(黄色いダビデの星)として収容されることになった。
収容所での仕事は、永延と岩を運び続けるという単純作業。
そこにホルストも呼び寄せ、
2人で単純作業を続けるうちに愛し合うようになるが、
触れることも見つめあうこともできない。

季節は夏から冬、そして春と移り、ホルストの体調が次第に悪くなる。
彼のために薬を調達しようと、
新任の大佐に近づき、セクシャルな関係でもって便宜を図ってもらうが、
それが徒となりホルストは処刑されてしまう。
マックスは悲しみの中、彼が着ていた三角ピンク印のついた服に着替え、
自ら、高圧電流の流れる鉄条網にすがりつくのだった。


http://file.satyricon.ni-moe.com/Bent3.jpg

この作品は、ナチスドイツの「同性愛者への迫害」という、
歴史に埋もれてしまった極めて特異なテーマを扱っている。
時代は、ナチス政権下のドイツ。
その時代のドイツでナチスは
ユダヤ人を大量虐殺した事実はよく知られている。
しかし、その過酷な時代にもっと過酷な運命を生きた人間たちがいる。
ユダヤ人がダビデの星、
つまり黄色い星を胸につけることを強要されていた時代に、
胸にピンクの星をつけることを強要された人々がいた。
そしてこれこそが最悪だった。
黄色い星の人々より酷い扱いを受ける人々、
まさに歴史の知られざる事実。
その時代、ピンクの星を胸につけた人々、
つまり強制収容所で虐殺された同性愛者は
25万〜30万人にもおよんだという。
そんな背景の中での純粋な愛のドラマである。

前半はきらびやかなベルリンが描かれ、
退廃的な雰囲気の中で繰り広げられるゲイクラブに
全裸の男たちが入り乱れての酒池肉林の世界。
ここの女装主人・グレダに扮したミック・ジャガーが
天井から吊るされたブランコに乗りながらなめかわしく歌っています。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Bent2.jpg

一転して後半は白い採石場でひたすら岩を運び続ける
マックスとホルストのセリフ劇。
一瞬のすれ違いごとに愛の言葉をかけあうことで、
しだいに愛し合う2人。
しかし監視されているため、触れることもできず、
ましては見つめ合えない状況の中。
3分間の休憩中、2人並んで前を向いて突っ立ったままで、
「俺の口が下がっていって...」とか、
「お前の中に俺のが入るぞ」とか言うわけです。
この過酷な環境がよりお互いの甘い妄想を膨らませていったのでしょうか。
ホルストがみせた際立った表情がとても印象的でした。
しかし、なんともやるせない最期の2人の顛末。
ひたすら岩運び場面の連続でしたから、より一層衝撃的で、悲しい。
いつかはきっと...が台無しになった瞬間、私も彼同様に、
愛した者になるべく近づけて後、見切りをつけるでしょう。


出演はクライヴ・オーエン、ブライアン・ウェバー、イアン・マッケランなど
私が好きな俳優の名前が並びます。
この作品のDVD化を望んでいるのですが、ダメなのかな〜



PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP