忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > タ行 > Waiting to Exhale 1995

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Waiting to Exhale 1995

http://file.satyricon.ni-moe.com/waiting-to-exhale1.jpg

テリー・マクミラン原作の映画「ため息つかせて」について

サヴァンナはTVプロデューサーとしての成功と
理想の男性を射止める夢を実現するため、
大晦日にデンバーから親友・バーナディンのいるフェニックスに引っ越してきた。

その日、バーナディンは11年間連れ添った夫のジョンから、
彼の経営する会社の経理担当の白人女性と暮らしたいので
離婚したいと告げられ、
ショックと怒りで彼のBMWに火をつけ、
所持品全てを1ドル均一で売り払ってしまう。
彼女はヘアサロンを経営している古くからの友人・グロリアに、
サヴァンナを紹介する。
グロリアは大学時代にスポーツマンのデイヴィッドと関係し、妊娠。
その時生まれた息子・タリクは今17歳の反抗期で、心配の種だ。
自分の体重が増えたのも気掛かりだが、デイヴィッドから
「何年もバイ・セクシャルだった。今は完全なゲイだ」と衝撃の告白をされ、
いつか一緒に暮らしたいという夢も消える。

彼女たちにはもう1人の親友・ロビンがいて、
サヴァンナもすぐに親しくなった。
保健会社に勤める彼女は経済的にも自立し、美人で男にもモテるが、
ハンサムなら簡単に飛びつくので苦労が絶えない。
現在の恋人・ラッセルは他の女性と結婚してしまい、
ルックスでは選んではダメ!と同じ会社のおデブなマイケルと交際を始めるが、
やっぱりラッセルが忘れられない。

一方、サヴァンナはかつての恋人・ケネスと再会し、ベッドを共にする。
彼は妻との離婚を考えているというものの、一向にその気配がないため、
男のズルさを感じる。

離婚訴訟中のバーナディンは、ある日、ジェームズという男性と出会い、
互いの悩みや不安を語り合ううち、特別な一夜を過ごす。
彼は、妻とは離婚寸前だったが、
今はガンで余命いくばくもない彼女を看取るだけだと言う。
妻の元へ帰る彼を見送りながら、
彼女はもう二度と会うこともないと思う。

グロリアは隣家に引っ越して来たマーヴィンと親しくなり、
彼との第二の人生を考え始める。

ロビンはラッセルの子を妊娠するが、
彼との訣別を選んで子供を育てようとする。

サヴァンナもケネスの優柔不断な態度に腹を立て、彼と完全に別れる。

そんなある日、グロリアが心臓発作を起こし病院に運ばれ、
昏睡状態の彼女の傍でマーヴィンとタリクは祈りを捧げた。

また大晦日がやって来た。
グロリアはすっかり快復し、ロビンは大きなお腹を抱えている。
バーナディンは離婚訴訟に勝った。そしてサヴァンナは自立した。
それぞれが、かけがいのない友情を確かめ、
それまでの日々を思い返しホッとため息をつくのだった。


最近「SEX AND THE CITY」が映画化されて話題になってます。
素敵なキャリア、最新ファッション、そして男とセックス。
それらを全部ひっくるめたスタイル全集という感じで、
この女性4人にあまり「人間」を感じないせいか、全てが薄っぺらの様。
それでも私たちクールでしょ?
みたいな開き直って頭の良い生き方見せられたところで
今イチ、ピンとこないし、
彼女たちの友情は確実に信用できない。

それに対してこの映画の女性4人は、
等身大女性の抱えそうな問題を持ちつつも、
前向きに自分のスタイルは崩さない、むしろ強気に通して生きていきます。
だから何? 私たちクールでしょ?
さすがに「男よりも友情」っていうのは極論だろうと、しかし、
それもありかな? とも思わせる彼女たちの十分な説得力と
この清々しいまでの女っぷりは、
観ているこっちも元気にさせてくれます。

ちなみにこの映画のサントラは、
BABYFACEが全曲プロデュースしています。
90年代代表のR&B女性ボーカルたちがゴージャスに参加していて、
内容はもー素晴らしいに尽きます。

PR

PAGE TOP