忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ペドロ・アルモドバル > KIKA 1993

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KIKA 1993

http://file.satyricon.ni-moe.com/kika2.jpg

ペドロ・アルモドバル監督作品「キカ」について

愛憎うずまくミステリー・サスペンス劇となってるみたいですが、
ぜんぜん。
「人の道にははずれているけれど
それぞれの理屈にはかなった行動をとる人々の群像劇」ってことで、
面白いこの監督ならではって感じです。

メイクアップ・アーティストのキカは、仕事を通して
アメリカ人の作家・ニコラスに出会い、関係を持ち始める。
彼の妻は数年前に自殺し、
彼は彼女の残した大きな家で義理の息子・ラモンと暮らしていた。
キカはその後、
年下でハンサムな人気カメラマンであるラモンと同棲し始めるが、
南米の放浪の旅から再びスペインに戻ってきた
ニコラスとも秘かに密会を行っていた。

ある晩、メイドのフアナは、
スキャンダルをスクープする話題のTV番組「今日の最悪事件」を見ていた。
女性レポーターのアンドレアは常に奇抜な服装で
頭にカメラを設置して町中を駆け回る。
彼女はラモンが母の自殺を苦にしていた時の元担当精神分析医兼恋人で、
彼に振られたことを未だに憎んでいた。

そんなある日、
そのTV番組でも話題にしていた元ポルノ男優で強姦魔・ポールが
姉であるフアナに会いに来て、キカをレイプしてしまう。
アンドレアは、それをスクープし、
倒錯的な性嗜好のラモンまで助けるどころか
うっとりと遠くからその現場を見ていたことを知ったキカは、
悲しみに暮れ彼の元を去ることに。
その事件をきっかけに殺人者としてのニコラスの姿が浮き彫りにされていく。
アンドレアは必死で真実を言わせようとニコラスと血みどろの戦いになり、
結局2人とも息絶えてしまう。
キカはあまりに衝撃的なことの連続で動揺はみせながらも、
ラモンから完全に踏ん切り、
新しい人生に向けて歩んでいく......

http://file.satyricon.ni-moe.com/kika1.jpg

「自殺」という形で妻を失った
作家・ニコラス(別の愛人はドラァグ・クイーン)。
母の自殺の原因を義父・ニコラスにあると疑う
息子・ラモン(覗き魔趣味のイケメン)。
その父と息子の両方と肉体関係を持つ
メーキャップ・アーティストのキカ(超マシンガントーク)。
過激な事件専門の番組司会者アンドレア(衣装がゴルチエ、素晴らしい!!)。
元ポルノ男優で脱獄囚のポール(絶倫のイケメン)。
その脱獄を手助けする
レズビアンの姉フアナ(キカの家政婦かつ弟の性衝動抑え役)。
こんな登場人物が絡み合うのだから、
もう話の展開が奇行に満ちてて倫理観無し。
まぶしいほどの赤を基調とした色彩感覚。
特異で奇怪でありながら不快ではない雰囲気。
「素晴らしい」の一言です。
私も割と変わり者呼ばわりされますが、
比べるとまだまだって感じなので、頑張ります。

PR

PAGE TOP