忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ウォン・カーウァイ > Happy Together/春光乍洩 1997

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Happy Together/春光乍洩 1997

http://file.satyricon.ni-moe.com/happy_together1.jpg

ウォン・カーウァイ監督作品「ブエノスアイレス」について

香港からちょうど地球の裏側に当たるアルゼンチンを旅するゲイのカップル、
ウィンとファイ。
「やり直す」ための旅行にもかかわらず、
イグアスの滝への道中で道に迷い喧嘩別れしてしまう。
ひとりになったファイは旅費の不足を補うため、
ブエノスアイレスのタンゴバーでドアマンとして働くが、
そこへ白人男性とともにウィンが客として現れる。
以降ウィンは何度もファイに復縁を迫りそのたびファイは突き放すのだが、
嫉妬した愛人に怪我を負わされたウィンが
アパートに転がり込んできたことから、
やむなく介護を引き受ける。
ウィンとの生活にファイは安らかな幸せを感じるが、
怪我の癒えたウィンはファイの留守に出歩くようになり、
ファイは独占欲からウィンのパスポートを隠す。

一方、ファイは転職した中華料理店の同僚で
中華民国からの旅行者のチャンと親しくなり、
そんなファイのもとからウィンは去っていく。
旅行資金が貯まったチャンは南米最南端の岬へ行き、
そこで代わりに悩みを捨ててきてあげるからと
ファイにテープレコーダーを渡す。
ファイはそれを握りしめるが、言葉はなく、
ただ、涙を流すしかなかった。

チャンの出発後、ファイは稼ぎのいい食肉工場に転職、
旅費が貯まりイグアスの滝へと旅立つ。
香港への帰途、ファイは台北のチャンの実家が営む屋台を訪れた。
店の奥には灯台に立つチャンの写真が......
ファイはこっそりそれを盗み取った。
会いたい時は彼がどこにいてもいつでも会えるのだ、
そう確信した。

http://file.satyricon.ni-moe.com/happy_together2.jpg

もし自分が住んでいる地球の裏側(日本だからブラジル辺り?)に
恋人と旅に出て、旅行中にいろいろあって、
この物語同様、後に別れたとする。
私なら整理をしたいから、真っ先に帰国してしまうが、
そうはしない二人。
知らない土地での嫉妬と欲望、漂流感、そして独り。
傷口をあえて開き、裂けた肉に濃密な空気を接触させる
「切ない」を通り越した痛み。
後々、もの凄い美しい想い出として残りそう。

「恋愛」という人の繋がりに対しての切ないでもどうしようもない、
行き違い、
一緒にいるだけでとても幸福なのに、
より多くのものを求めてしまう性、
別れを決意して、苦しいけど足掻きつつ、
徐々に傷が癒えて再出発するまでの時間、
一方、失って罪悪感と絶望感に苛まれ、
そのままとどまって壊れていく様と。
なんだか、個人的にいろいろなことを思い出してしまって、
とにかく、
終わりなら終わりでウジウジせずに見切りをつけて再出発する、
扮するファイをお手本にしなくてはっ!と
私の恋愛設定モードをリセットするのでした。

それにしても、ファイに扮したトニー・レオンの切ない演技が素晴らしい。
あとウィンに扮したレスリー・チャン。
改めて、惜しい人を亡くしました。


PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP