忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 日本映画 > Memories Of Matsuko 2006

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Memories Of Matsuko 2006

http://file.satyricon.ni-moe.com/82976c17.jpeg
http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_2.jpg

中島哲也監督作品「嫌われ松子の一生」について

53才で殺害死体として発見された伯母・川尻松子の
アパートを引き払う手続きを頼まれた笙は、
存在すら知らなかった松子の人生をたどることに。
それは、とことんまで失敗と転落を繰り返した、
波乱万丈な生き様だった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_3.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_4.jpg

福岡で生まれ、病弱な妹の久美と育った少女時代を経て、
松子は中学の教師となった。
しかし、教え子の龍が起こした窃盗を庇ったことで退職、
その後は実らぬ恋愛を繰り返しながら堕落していく。

ようやく得た新たな仕事は、中州にある特殊浴場のサービス嬢。
一念発起した松子は、努力と研究を重ねて店のトップへのぼりつめる。
しかし、風俗業界の変化の波に追われて、雄琴の店へと移る。
そこで同棲していた男の浮気を知った松子は、逆上して殺害してしまう。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_5.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_6.jpg

逃亡して上京した松子は理髪店を営む島津と出会い、
彼の優しさに触れて同棲を始める。
ようやく得たささやかな幸福もつかの間、
殺人事件を捜査していた警察に逮捕される松子。
それから8年間の服役生活を支えたのは、
島津へのひたむきな愛だった。
刑期を終えた松子は島津の店へ向かうが、
すでに彼は別の女と家庭を築いていた。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_7.jpg

落胆した松子を支えるのは、
刑務所内で同じ囚人仲間だった沢村めぐみとの友情だった。
ストリッパーからAV女優となっためぐみは、
夫を得てたくましく生きていた。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_8.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_9.jpg

そして松子が、いまではヤクザとなった教え子の龍と再会する。
お互いにすがる相手のいない2人は激しく求めあうが、
その関係も龍の逮捕によって断ち切れた。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_10.jpg

ひとりアパートに閉じこもるようになった松子は、
アイドル(光GENJI)の追っかけだけを楽しみに生きる。
無残に肥満化した松子は、公園で不良中学生たちから撲殺されるが、
死体から離れた松子の魂は故郷へと向かって飛翔する。
そんな松子の人生は不幸だけではなかったのだろうと、
甥の笙は安堵した。

http://file.satyricon.ni-moe.com/kirawarematuko_11.jpg

これはスゴイ傑作でした。期待以上にかなり圧倒されました。
全編色鮮やかでポップな演出で、テンポが速くて、
スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに
ちゃんと芯の通った分かりやすい悲惨な物語。
主演の中谷美紀も、語り手となる瑛太も画面の中で輝いていました。
彼女の波乱万丈すぎる壮絶な人生を
アトラクションの様に楽しんでしまった。
そんな感じです。

とにかく映像が美しく、音楽の使い方がすごく上手い。
人生ってどんな辛い事が起こってたとしても、客観的に見たら、
平坦な人生より、実はとても充実した面白い生涯なんじゃないか?
不幸が題材の映画なのに、
見終わった後は何故か爽快感を感じました。そんな素晴らしい作品です。

昭和の後半って激動の時代からちょっと安定期に入った頃で、
いい波に乗らないと、
逆に取り残される上下が極端な時代だったんじゃないかと
自分も振り返って、改めて思います。
だからこそ、そんな子供時代は
デパートの屋上で夢を見ることがまだ簡単に出来た。
でも今の子供はこういう人生はもう歩めないのかもしれない。
この作品の最後、松子を殺した犯人たちがそうだったのには、
なんだかとても意味深な印象を受けました。


PR

PAGE TOP