忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 日本映画 > その男、凶暴につき 1989

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その男、凶暴につき 1989

http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO1.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO2.jpg

北野武監督作品「その男、凶暴につき」について

首都圏にある某都市に住む一匹狼の刑事・我妻諒介は、
犯罪者を追い詰めるためには暴力の行使も辞さない凶暴なるがゆえに
署内から異端視されていた。
その行き過ぎた捜査と粗暴な性格から、
勤務する署内でも危険人物として敬遠されていた。
警察という組織にあって浮いた存在の我妻だったが、
自身を理解してくれる数少ない同僚と他愛もない冗談を言い、
ある時は酒を酌み交わし、完全な孤立は辛うじて免れていた。

http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO3.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO4.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO5.jpg

そんなある日、港で麻薬売人の惨殺死体が発見される。
我妻は新人の菊池を引き連れて事件の捜査を開始し、
容疑者への殴る蹴るの暴行すら厭わない強硬な手段で
次々と犯行グループの全貌を暴いていく。
そして、覚醒剤を密売する組織の首謀者として暗躍する実業家の仁藤、
その手下で殺し屋の清弘の存在をつきとめた。
だがその中で我妻は、あってはならない驚愕の事実にも辿り着いてしまう。
麻薬を横流ししていたのは、諒介の親友で防犯課係長の岩城だったからだ。
やがて岩城も口封じのため、自殺に見せかけて殺されてしまう。

http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO6.jpg

一方、清弘の仲間たちは知恵遅れの少女を我妻の妹と知らず、
シャブ漬けにして輪姦する。
我妻は刑事を辞めて、岩城の復讐のために仁藤を撃ち殺した。
さらに清弘もアジトで射殺するが、
その死体にすがるのは変わり果てた妹・灯の姿だった。
それから静かに、我妻は最愛の妹にも引き金をひいたのだった。
その時、背後から忍び寄った仁藤の部下・新開が我妻を射殺。
最後は我妻の部下であった菊地に岩城の代わりをさせ、
何事もなかったかのように、麻薬の密売を引き継いでいくのだった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/SONO_OTOKO7.jpg

老いたホームレスを集団で殴る蹴るの暴力をするチーマーたち。
そのチーマーを家までつけ、家の中で殴る蹴るして自白させる刑事・我妻。
暴力には暴力でというのには賛同出来ないはずなのに、
どういうわけか、凄く気持ちがすっきりしてしまった場面から始まる物語。
人をビルから落としたり、ナイフで何度も人を刺したり、強姦したり、
最後はピストルで続けざまに射殺していく展開へと、
これでもかという感じで暴力を軸にして進んで行くのですが、
この時代にはこれはありなのかなと思わせてしまう危険な魅力が漂います。
最後、実の妹を射殺する場面、その直前の主人公の醸し出す切なさが
悲しいほど虚ろに凝縮されている目がとても印象的でした。
シャブ漬けになってしまったこんな妹は俺の本当の妹でない。
もう見ているのが辛いし、本人のことも考えて楽にしてやろう。
そんな感じでと言っているようで、射殺。
この最後の暴力には何故だか優しさを感じてしまったのは、
この映画に毒されたからでしょうか。
いろいろな「悪」の見本帳みたいな男の世界の映画。
あまりお勧めしてはいけないような気が凄くする反面、
凄く観てほしいとさせてしまう北野監督の非凡さに感服します。


PR

PAGE TOP