忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > サ行 > L'Auberge Espagnole 2002

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

L'Auberge Espagnole 2002

http://file.satyricon.ni-moe.com/Auberge-Espagnole1.jpg

セドリック・クラピッシュ監督作品「スパニッシュ・アパートメント」について

パリで暮らすエリート大学生・グザヴィエは、卒業を来年に控えた25歳の青年。
父親のコネを使って面会した役所の大物の勧めに従い、
就職の内定を確実にするため、スペインのバルセロナへ留学することに。

始めは母親に紹介されたアパートへ向かうも、環境が悪かったため、
空港で知り合った神経科医・ジャンの部屋に宿泊しつつ、アパートを探す。
ついにグザヴィエが見つけたのは、イタリア人の陽気なアレッサンドロ、
ドイツ人の生真面目で神経質なトビアス、イギリス人のお茶目なウェンディ、
デンマーク人の好青年だが女にだらしのないラース、
スペイン人の明朗活発なソレダが
共同で暮らすアパート "ローベルジュ・エスパニョール" 。
そこにグザヴィエが大学で知り合ったベルギー人の姉御肌なイザベルも加わり、
それぞれ異なる文化がひしめき合うだけにまさに混乱のるつぼと化すものの、
楽しい賑やかな生活が始まった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Auberge-Espagnole3.jpg

グザヴィエはパリ在住の恋人・マルティーヌがいるにもかかわらず、
イザベルに心惹かれるも、彼女はレズビアンだった。
一方、ジャンの妻であるアンヌはスペインに馴染めず、言葉も話せず、
そして夫は仕事で忙しく構ってくれないと孤独感を募らせていたが、
唯一優しくしてくれるグザヴィエと時間を作っては一緒に過ごすうちに、
とうとう不倫の関係を持ってしまう。
若気の至りとはいえ、なんとも気の多い彼だが、
後になってマルティーヌと別れるきっかけの1つとなってしまう。

やがてウェンディのおバカで無邪気な弟・ウィリアムがアパートにやって来て、
平気で民族差別の発言をいってしまったりして皆の反感を買ったり、
いろいろ楽しいことや大変なことがいくつかあって、
あっという間の1年が終わる。

パリへ帰国したグザヴィエは、心に大きな変化が起きていた。
役所への出勤初日に、建物から飛び出し、
作家になるという夢に向かって走り出していくのだった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Auberge-Espagnole2.jpg

人妻との恋愛や、国籍も人種も違うルームメイトたちとのエピソードを
豊富に散りばめられた、とってもインターナショナルな青春物語です。
この映画を観ると、
私が美術学校を卒業してそのままデザイナーの道に進むことを
その時点での自分が上手くやっていけるか、
本当にその道で納得できるのかを躊躇して、
山のリゾートバイトを始めた頃を思い出します。
(認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを....)
そこでは日本全国から来た同じ世代の若者が1つの建物にて、
仕事を軸に衣食住を共にして生活しました。
いろいろ面倒であったりもしましたが、
今思い出すといろいろ社会というものを学んで、
考え様によってはさほど怖いものではないものだなと少し強くなったり、
運良く気の好い奴らばかりでしたので、なかなか楽しい時間を過ごせたなと
良い印象ばかりが出てきます。
グザヴィエもそうだったに違いありません。
あの不思議な暮らしぶりがとても魅力的に描かれていたせいか、
観ているこっちまで引き込まれてしまったものだから、
最後のみんなと別れてフランスに帰る場面はかなり切なくなってしまいました。
それは割とあっさりした感じでしたが、それが凄く良かったです。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Auberge-Espagnole4.jpg

社会に入り込んで忙しく仕事に追われてしまうと人との繋がりが疎かになって
いつしか人間関係にウンザリしてしまう今日ですが、
上手くいかない状況に対して他人のせいにしてきたけど、
世間の流れに飲まれ過ぎて
自分自身を見失っていることに問題があったのでは? とか、
自分ばかりを先行してきたけど、
もっと他人の気持ちも考えるべきなのでは? とか、
いろいろ振り返らせてくれる良い作品です。

ちなみに、30歳になったグザヴィエの続編があるそうなんですが、
凄く気になるのですけど、近所のレンタル屋にはなくて.....
でもあれから彼は上手くやってると思っていたい私としては、
観るのが怖いなぁ。


PR

PAGE TOP