忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > X-Men: The Last Stand 2006

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

X-Men: The Last Stand 2006

http://file.satyricon.ni-moe.com/X-MEN3-1.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/X-MEN3-2.jpg

ブレット・ラトナー監督作品「X-MEN: ファイナル・ディシジョン」について

突然変異により超能力が芽生えたミュータントたちが
人間たちに迫害されている世界にて、
とある大企業の御曹司が思春期を迎え、背中に翼が生え始めたのをきっかけに、
息子を「普通の人間」に戻そうと、その社長である父親が莫大な費用を懸けて、
ミュータント治療薬 "キュア" を開発。
それはミュータントを一掃したい人類にとっては大喜びな出来事で、同時に
"人類はより優秀な生物であるミュータントに支配されるべきである"
との思想を持った、マグニートーを筆頭にしたミュータントたちにとっては
大変脅威である! ということで、
直ぐさま、"キュア" 生産のカギとなる少年の拉致し、
開発された研究施設を破壊するべく、彼らが動き出した。
それを阻止するべく立ち上がった "人類と
ミュータントの平和的共存" をモットーとする
プロフェッサーX率いる"X-MEN" チーム。

http://file.satyricon.ni-moe.com/X-MEN3-3.jpg

一方、亡くなったはずのジーン・グレイが甦り、
彼女の封印された恐るべきパワーが放たれたことで、
もう1つのダークサイドな人格 "フェニックス" も世に出てしまって、
事態はより最悪な方向へ。
"X-MEN" でお馴染みのメンバーはこの争いを収めることができるのだろうか!


ブライアン・シンガー監督での前作品「X-MEN」シリーズは、
割とマイノリティな目線を重視した作りで、
ゲイである私としては、時々ドキッとさせられる場面があったりして
大変感傷深い印象がありましたが、
この作品はそれよりもアクション!という乗りなので、素直に楽しめました。
この映画の見所は何といっても、各キャラクターたちの超能力合戦でしょう。

特にお気に入りな戦い場面は、
壁をすり抜ける能力を持つ可憐な女の子・キティちゃん、
彼女を壁をド派手に破壊しながら追いかける
超ガチムチで怪力野郎・ジャガーノートのお粗末な感じがもう....
思わず上手いっ! と声が出てしまいました。
天候を操ったり、稲妻をブチ当てたりするストームさん然り、
炎を自在に操るパイロと何でも凍らせるアイスマンの戦いも面白かったですが、
何といっても最後の戦い場面。
あの無敵なフェニックスに太刀打ちしたのが、
流石はX-MENの一番手・ウルヴァリン。
キャラクターの中で一番地味な感じだっただけに、
まさか、そう来るとは思わなかったです。
.....切な過ぎます。

個人的にはX-MENメンバーのガチムチ・ハンクなコロッサスの活躍が、
もっと欲しかったな〜
ウルヴァリンをブン投げるだけだったから....


PR

PAGE TOP