忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > Ultraviolet 2006

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ultraviolet 2006

http://file.satyricon.ni-moe.com/Ultraviolet1.jpg

カート・ウィマー監督作品「ウルトラヴァイオレット」について

とある近未来風の世界にて、新種のウィルスが蔓延。
感染した人間は超人的な知能と運動能力を身につける。
その感染者は「ファージ」と呼ばれ、
感染後わずか12年で命を落とす運命にあった。
感染していない人間を脅かすまでの存在となった「ファージ」。
能力を恐れた人間たちは彼らの根絶を企て、
政府によるフェージ掃討作戦が開始される。

追い詰められたフェージは地下組織を結成、
人間政府との激しい抗争を繰り広げることに。
やがて政府はフェージ絶滅の切り札となる最終兵器の開発に成功。
フェージ側はその情報をつかむと、最終兵器強奪のため、
余命36時間の最強の殺し屋・ヴァイオレットを送り込む。

かつて、感染した夫と子どもを政府に殺され復讐に燃えるヴァイオレットは、
兵器の入ったケースを研究所から奪い去る。
味方から中を見ずに破壊しろ!と言われたその中身を確認したところ、
彼女は最終兵器がわずか9歳の少年であることを知るのだった。
かつて人類側に、無理やり中絶させられた過去を持つ彼女は、
どうしても少年を処分することができず、彼を連れて人類、
そしてファージ双方から追われる羽目になる。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Ultraviolet2.jpg

ヴァイオレット扮するミラ・ジョヴォヴィッチいはく、
「理解を超えている世界」というだけあってか、
物語自体はちょっと骨格がないまま難解な展開にしまくった感じで、
本当に何がどうなのか、私の頭ではよくわからないのですが、
近未来っぽいゲームの世界の様な雰囲気がとってもポップ。
どうしてもシャーリーズ・セロン主演の映画「イーオン・フラックス」と
シンクロするのはご愛嬌って感じで私はとても良いと思います。
とにかくミラ・ジョヴォヴィッチの髪や服の色が一瞬で原色系に変化する仕掛けや
複雑なアクションシーンは、あそこまでザクザク敵を殺しまくられると
なんかスカッとした見所満載のビデオクリップって感じでしょうか。
....それならボスキャラはあんな妙チクリンな中年男でなくて、
ゲイ受けするようなクールな、
そう例えば、映画「パニッシャー:ウォー・ゾーン」のレイ・スティーヴンソン、
もしくはヴァイオレットを影で支えるガースは、
ゆいいつ緊張感がほぐされる場面の人でもあるから、
もっとユーモアがあって暖かみのある人間的な男性像、
私の好みでいうと、マット・ディロン(ちょっと違うかも、でもカッコいいじゃん)
なんていかがでしょうか。

あとこの物語の軸になる「シックス」という男の子の存在。
可愛いけど薄くて、いまいち印象がないな〜
そういう意味では断然、
「イーオン・フラックス」の方がいいなと思った今日この頃でした。

PR

PAGE TOP