忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > After Sex 2007

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

After Sex 2007

http://file.satyricon.ni-moe.com/aftersex1.jpg

エリック・アマディオ監督作品「アフターセックス」について

セックスも甘ったるいのから変態的なものまでそれぞれ十人十色。
裸で向き合うこの行為は、妙な心情のカモフラージュを取ってくれるから
その時の相手の仕草や言動、気の使い方からこだわりや態度とか、
特に素の部分が一番見えやすい、それが終わった後。
この映画はそれを8パターン用意いたしましたって感じの群像劇です。

私が1番好きなのは、1番はじめのセックス・フレンド同士の話。
お互いセックスだけの関係が、少しずつ愛し始めつつも、
なかなか素直になれずにそれが終わってから、
駆け引きめいた会話を淡々として引き延ばす。
そして最後の甘いオチ。
こういうのって、いいなぁと素直に温かくなります。

http://file.satyricon.ni-moe.com/aftersex2.jpg

3組のゲイカップルの話もあって、
その1つにはどうしても納得いかないのもありましたけど、
アメフトのコーチとパンク歌手のカップルのエピソードには目からウロコ状態。
友情を超えた繋がりが甘い関係になっていることに気がついた
2人の確認の様な会話がもの凄く微笑ましく、
そういうのって理想なだけに羨ましいな〜とか、
中年カップルのエピソードでお互いの過去の遍歴を楽しく話せるのは、
絆がしっかりしているから出来るからこそみたいな感じで、
いろいろ身に覚え、共感するところが多々あったりして、改めて、
その時間は、2人の関係を構築するのにとても重要であると、
再確認されたのでした。

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP