忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > タ行 > The Dark Knight 2008

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Dark Knight 2008

http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight2.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight1.jpg

クリストファー・ノーラン監督作品「ダークナイト」について

ゴッサム・シティにピエロの様な
不気味なメイクを施した正体不明の犯罪者が現れ、
その日も白昼堂々と銀行強盗をやってのけると姿をくらました。
その名は、ジョーカー。
父から虐待を受けた彼は、快楽性犯罪者だった。

一方、「バットマン」ことブルース・ウェインはゴッサム市民を守るべく、
毎夜悪と戦い続けていた。
彼をサポートするのは、お馴染みの執事のアルフレッドと
彼の巨大企業の社長に就任したフォックス。
しかし、悪の芽をいくら摘み取っても、
ゴッサムに真の平和が訪れることはなかった。
バットマンはゴッサム市警のゴードン警部補と協力して、
マフィアによるマネー・ロンダリングの元で
ある銀行を摘発するという手段に出る。
市警に潜む内通者の存在で一時は失敗も危ぶまれたが、
新任の地方検事ハービーの後押しもあり、
ついにマフィアの資金源を断つことに成功、
犯罪の撲滅と街の浄化を訴えて市民たちの支持を得ていく。

http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight5.jpg

バットマンと違い、姿を晒して正々堂々と悪に挑むハービー。
そんなハービーの姿に、
ブルースは彼こそゴッサムが求める真のヒーローだと確信し、
バットマンを引退しようと考え始める。
かつての幼なじみである地方検事補のレイチェルに
未だ想いを寄せるブルースは「バットマン引退の瞬間」こそ、
彼女と結ばれる時であると信じていたが、
一方のレイチェルはブルースとハービーとの間で揺れ動いていた。

その頃、資金源を断たれて悩むマフィアたちの前にジョーカーが現れた。
ジョーカーは彼らの全資産の半分を条件に、
大胆にもバットマン殺害の提案を持ちかける。
罪なき市民や警官を次々に殺害し、
さらには市長暗殺を企ててバットマンを追い詰めるジョーカー。
これまで自身のルールに従って犯罪と戦ってきたバットマンは、
「秩序」を一切持たないジョーカーに苦戦を強いられるが、
ジョーカーの真の目的は金でもバットマンの命でもなかった。
ジョーカーの唯一の目的、それは「恐怖」と「混沌」をもたらし、
人間の「本質」をさらけ出すことだったのだ。

http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight4.jpg

バットマンの働きにより、
やっとのことで逮捕に追い込んだジョーカーだが、
すぐに警察署を爆破して脱走すると、
ハービーとレイチェルを監禁して同時に爆発させて殺害しようとする。
その場に現れたバットマンはハービーを救出するも、
代わりにレイチェルが犠牲となってしまった。
その火災で顔面の半分が醜く爛れたハービーは、
ジョーカーの魔の手に嵌まってダークサイドへと堕落。
憎しみの塊「トゥーフェイス」と化した彼はレイチェルへの報復のため、
次々と殺人を繰り返し、果てにはゴードン警部補の家族を狙う。

結局、人間の「本質」をさらけ出すことに失敗したジョーカー。
彼を倒したバットマンは、
そんなハービーの悲しみを理解しながらも対決する。
その勝利の後、彼の栄光を讃えるべく、
全ては自分の責任にして欲しいとゴードン警部補に告げ、
バットマンは暗黒の闇の中に去っていった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight6.jpghttp://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight7.jpg

本作品の見どころは、
何と云ってもバットマンとジョーカーの対なる存在であります。
殺害された両親の意思を継いで、
破壊主義や利他主義を追求しようと素性を隠したまま
日夜、悪事を暴いては撲滅していく黒い塊の様なバットマン。
対して、幼児が見たらトラウマ確定の白塗りメイクを施した、
道で絶対出会いたくない面容のジョーカー。
底なし沼の様な闇を湛えた眼差しと幽鬼の如き佇まい。
冷酷でいて残虐。
過去を持たず、動機なく、
合理性皆無に極悪非道の限りを尽くすその姿はただただ不気味。
予想不可能な凶悪犯罪が頻発している昨今において、
このジワジワと恐怖を浸透させていく感じが
よりリアルに感じられます。

“個” の立場で悪を私的制裁してきたバットマンを、
“公” に引きずり出そうと目論むジョーカー。
バットマンも “公” の場に出れば結局、同じ異端者でしかありません。
ジョーカーはバットマンが「正義」の見地に立つが故に、
自分を殺せないのもわかっているから、
正義とは? 悪とは? 自分の存在意義とは? 等と
より複雑に意識を混沌とするかの如く、
出口のない迷宮に迷い込み、案の定、悩みまくるバットマン。
追い討ちをかける様に、人心の闇を突く
大掛かりなエグい “人間性テスト” を実行するジョーカー。
そのタチの悪さは、まさに史上最悪であります。

そんなバットマンとジョーカーという
コインの裏表の真ン中に立ってしまったハービー。
いつもの冷静な彼だったらバットマンに賛同しているのだけど、
最愛のレイチェルが死んでしまった直後の彼は憎しみの塊他ならず、
ジョーカーはもちろんのこと、
彼女を助けられなかったバットマンや警察関係、
そして己自身に敵意を向けるとともにダークサイドに堕ちていくハービー。
「光の戦士」として彼を信じたバットマンの心情が
より複雑に己の倫理観を試される状況に。
そして最後に下す悲壮な決断が、胸を打ちます。

その崇高な姿に心を揺さぶらると同時に、
悪とは何か? ということを考えさせるこの物語。
前作に続いて、なんとも深遠なるテーマが潜んでいるものであります。
2012年にこの作品の続き、
「ダークナイト・ライジング」が公開されるとのことですが、
いつかはバットマンに日の目があるのでしょうか。

http://file.satyricon.ni-moe.com/dark-knight3.jpg

「バットマン・ビギンズ」に続いて、
ブルース/バットマンに扮したクリスチャン・ベール、
絶妙な毒舌で天晴なアルフレッド扮するマイケル・ケイン、
冷静に物事を判断する姿が神懸かりな
フォックス扮するモーガン・フリーマン、
ゴードン扮するゲイリー・オールドマンの演技力は
観ていて清々しくなるくらい的を得ていて、
このキャストでない「バットマン」シリーズはもう考えられないくらい。
ハービー/トゥーフェイスに扮した
アーロン・エッカートの男前っぷりもメロメロですが、
何といってもジョーカーに扮したヒース・レジャーの
じわじわと迫ってくる悪意の塊の様な存在感。
彼が現れての言動の度に鳥肌が立ったのを覚えています。
そんな彼が亡くなってしまったというのは、
本当に残念でなりません。

PR

PAGE TOP