忍者ブログ

ポテチの好きな映画についてと感想

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ア行 > Alice in Wonderland 2010

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Alice in Wonderland 2010

http://file.satyricon.ni-moe.com/Alice-in-Wonderland1.jpg

ティム・バートン監督作品「アリス・イン・ワンダーランド」について

夜ごと眠るとみる夢の中の不思議な国での冒険から13年後。
19歳となり、最愛の父親を亡くしたアリスは、
とあるパーティに出席していた。
しかしこの催し、実はアリスの母と姉が極秘裏に企画した
彼女の婚約パーティだった。
アリスは貴族の御曹司・ヘイミッシュ(退屈男)から求愛されるも、
突然の出来事に混乱してその場から逃げ出してしまう。

そんな時、アリスは懐中時計を持ったチョッキ姿の白ウサギを発見。
その後を追って、穴に転がり落ちた辿り着いた場所は
幼少時代に訪れた不思議の国だった。
しかし、平和だった不思議の国は13年前とは一変しており、
今は赤の女王に支配された暗い世界と化していた。
“預言の書” には、救世主が現れてこの暗黒時代を終わらせるとあり、
その救世主はアリスだと知らされるも、
芋虫のアブソレムは、アリスを “偽者” と疑う。
なぜなら、彼女は幼い頃にこの地で冒険を繰り広げたことを
すっかり忘れていたから。
そこへ、赤の女王が放った怪物・バンダースナッチが突如現れ、
彼女たちに襲いかかった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Alice-in-Wonderland3.jpg
http://file.satyricon.ni-moe.com/Alice-in-Wonderland4.jpg

危機一髪で難を逃れたアリスは、チェシャ猫の案内で、
帽子屋・マッドハッターと出会う。
かって彼は白の女王御付の帽子職人だった。
赤の女王が操る怪物・ジャバウォッキ—によって、
白の女王は国の統治者の座を追われ、
その際統治者の証しとなる "ヴォ—パルの剣" を奪われてしまった。
赤の女王へ復讐を誓ったマッドハッターは、
まずは白の女王にお目通りをということで、救世主のアリスを連れ、
そのもとに向かった。

一方、“預言の書” を手に入れ、
アリスが救世主だと知った赤の女王は超激怒、
臣下・ハートのジャックに彼女を生け捕りにするよう命令を下す。
そして、白の女王のもとに向かうアリスとマッドハッターを発見、
そして襲撃。
機転を利かせてマッドハッターはアリスを逃がし、
身代わりで囚われることに。
しかしアリスは彼や他の仲間たちを救出するべく、
赤の女王の城に向かった。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Alice-in-Wonderland2.jpg

なんだかんだと危険を冒すも、
仲間たちを救出させるきっかけの騒動を起こし、
統治者の証 “ヴォーパルの剣” を取り戻すことに成功したアリスは
白の女王へ献上。
こうして白の女王のもとには、救世主が身に付ける鎧一式、
そしてヴォーパルの剣が揃った。
アリス自身、いろいろ躊躇するも、最後には己の力を信じ、
この世界を赤の女王の支配から解放するため、
彼女の妹である白の女王やマッドハッターたちと共に
赤の女王に戦いを挑むことに。

http://file.satyricon.ni-moe.com/Alice-in-Wonderland5.jpg

とにかく、この監督ならではの独特な世界観がとても素晴らしく、
特に登場するキャラクターたちの個性の "変さ" が抜群でとても愛らしい。
特にムチムチな双子のトウィードルダムとトウィードルディーの存在が
もう...(溜め息)可愛い過ぎます!!
あと、いつも腕がW文字になってる優雅な白の女王に扮したアン・ハサウェイや
原作と違って、いたってマトモなマッドハッターに扮した
ジョニー・デップも素晴らしかったけど、
ヘレナ・ボナム=カーターが扮した赤の女王の存在が私の中では1番で、
彼女の恐ろしい口癖  "Off With her Head! (首を斬れ!)" や、
ブタの腹に足を乗せる姿にはグッときました。
最後の自分を好いていると思っていたのに
拒絶したハートのジャックと共に追放というのは、
彼女にとってはかなり惨い罰だなと、
少し可哀想にも思いましたが仕方がないですね。
そして、チェシャ猫。
生まれ変われるならあんな猫になりたいと思うのは、
私もかなり変なんでしょう。
そんなこんなで、観ているだけでも楽しめる物語です。

変人すれすれなアリスにとって、
現世の社会はとても脅威であり、
うまく馴染めないものでしたが、
この不思議な国での体験を通じて大きく成長し、
立ち向かっていく姿には惚れ惚れします。
変人万歳!!
これこそがこの映画のテーマでしょうか。


PR

PAGE TOP